検査結果を待つ間 III <告知〜手術までvol.9>

2017年5月下旬に乳がんの凍結療法の手術を受けました。
告知されてから手術までを振り返っています。
前回は「検査結果を待つ間 II」 <告知〜手術までvol.8>についてでした。

乳がん告知の一週間後、転移の有無を調べる造影MRI検査とCT検査をしました。結果が出るまでの一週間は身も心も落ち着かず、乳がんについて、自分の病理検査結果について、乳がんの手術の方式などなど、色々とひたすら調べて過ごしていました。今回は、乳がんの治療・手術方式などについてです。
※あくまでも個人的に調べた範囲での情報です。情報が古かったり正確でなかったりする場合もありますので予めご了承ください。詳しくは、専門家・医師等の信頼できる方にご相談ください。

乳がんの治療

乳がんの治療について、告知される前からも色々と調べていましたが、なんというかまさに五里霧中、という感じでした。頭で理解していると思っていてもイメージするのが難かった、というか現実として捉えきれていなかったのではないかと思います。告知されてからはなぜか恐れが少し減って現実に向き合おうという気持ちになり、より具体的な治療について調べるようになりました。

告知の時に、担当の医師が今後の治療の進め方について、今後の検査(造影MRIとCT)の結果を見てからではないとはっきりと言えないけれど、と言いつつ大まかなことを説明してくださいました。今後の治療の流れとしては、

手術(温存・全摘)⇒再発防止(放射線、ホルモン剤、抗がん剤、分子標的薬)
または、
がんを小さくする全身の治療(抗がん剤など)⇒手術(温存・全摘)⇒再発防止(放射線、ホルモン剤、抗がん剤、分子標的薬)

とのことでした。

告知されてから検査結果を待つ間はずっと、乳がんの「がんを取り除く方法」について調べていました。

温存 VS 全摘

乳がんでは、乳房にできたがん(悪性腫瘍)を手術でとる必要があります。サイズや状況によって乳房を全てとる「乳房切除術(全摘)」と、乳房のがんの部分を部分切除する「乳房温存手術」があります。

乳房切除術(全摘)

腫瘍を含め、乳房全体を切除します。腫瘍が大きいなどの理由で乳房温存術が適応にならない場合や、温存術ではその後放射線治療が必須となりますが、その放射線治療が体力的な問題等で出来ない場合など、乳房切除述が行われます。最近では遺伝子検査によって遺伝性の乳がんだった場合も切除術が行われることがあるそうです。乳房切除術のあと、乳房再建術が行われることがあります。

乳房温存手術

病期で言うと、ステージ0〜2で、しこりの大きさが3〜4cm以下の場合、温存手術が適応となります。術後には乳房内局所再発防止のため、放射線治療を行うことが標準とされています。放射線治療と乳房温存手術を「乳房温存療法」というそうです。

乳房温存手術の適応にならない場合は下記の通りです。

  • しこりの大きさが4~5cm以上の場合
  • 2つ以上のがんのしこりが同じ側の乳房の離れた場所にある場合
  • 乳がんによる石灰化が広範囲に広がっている場合
  • 手術の後に放射線治療行えない場合
  • 美容的な仕上がりがよくないことが予想される場合
  • 患者さんが希望しない場合
    (乳房再建ナビ 乳がんの治療法 乳房温存術 http://nyubo-saiken.com/care/03.html より)

温存手術には「乳房扇状部分切除術」「乳房円状部分切除」「術腫瘤摘出術」といったいくつかの術式があるそうですが、どのような場合にどの術式が適応となるか詳しくは調べませんでした。乳房のサイズやがんの大きさ、場所等、いくつかの条件によって決められるようです。

非切除でがんをなくす

私の腫瘍のサイズは1.3cmと言われていました。比較的小さい部類に入ると思うので、恐らく温存手術ができるのでは、と思っていたのですが、生まれてから一度も入院も手術も経験のない私は、手術や、身体の一部を切り取られる、ということにただひたすら恐怖を覚えました。唯一、小さな血腫をとる為に2鍼塗ったことがありますが(参照:既往歴〜現病歴 vol.2)、それ以外は針やメスや糸すらも身体に入ったこともありません(歯科治療は除く)。

そんなことを思っていると、母から「癌を切らずに放射線かなにかで治療できるらしい」と情報が…(恐らくテレビか何かからの情報)。早速調べてみると、がんを切り取らない手術(治療)があることをこの時はじめて知ることとなりました。

 

非切除の手術等に関して、<検査結果を待つ間 IV>に続きます。

 

参考資料・サイト
https://www.nyugan.jp/ope/onzon/
https://www.nyugan.jp/ope/setsujyo.html
http://nyubo-saiken.com/care/03.html
http://nyubo-saiken.com/care/04.html
中村清吾ほか(2011)「名医が語る最新・最良の治療 乳がん」法研
土井卓子(2015)「乳がんと言われたら読む本 治療・生活・食事・ケア・」蕗書房
各種がん144「乳がん 受診から診断、治療、経過観察への流れ」国立がん研究センターがん情報サービス

 

ランキングに参加しています♪Thank you
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

 

関連記事

がんと食事療法 <告知〜手術までvol.13>

入院準備、下着・パジャマについて <告知〜手術までvol.26>

家族に告知 I <告知〜手術までvol.4>

PET-CT検査 II <告知〜手術までvol.24>

センチネルリンパ節生検で入院・1日目 ① <告知〜手術までvol.28>

告知のあと <告知〜手術までvol.2>