乳腺科に行って来ました【2021年3月】

こんにちは、Falkorです。
だいぶ時間が経ってしまいましたが、2021年3月、乳腺科の検査と診察+婦人科の検査と診察がありました。今回は、その日の様子についてです。

まずは乳腺科の検査から

今回の検査のラインナップですが、血液検査・レントゲン・超音波検査・マンモグラフィーが予定されていました。

まずはいつものように血液検査からです。残念ながら1月に行った近所のクリニックでの特定健診の際は例の如く一回以上針を刺されてしまいましたが、今回こちらのクリニックでは一回で採血完了しました。ありがたいことです。

その後は、レントゲン・超音波そしてマンモグラフィーとなります。記憶は怪しいですが、超音波とマンモを同じ日に受けたのは初めてかもしれません。

レントゲンはいつものようにさらっと完了です。超音波は毎回密かに緊張しています。大体痛みはないのですが、技師さんによってはグイグイ押し付ける方がいらっしゃるので、そういう時は結構痛いのです…(胸が薄いからだとは思いますが)。

続いてマンモグラフィーですが、今回もすごく痛くて辛かったです。あんまり痛い痛いと言ってばかりなので、申し訳なく思いますが、とにかく痛いです。技師さんが仰るには、胸のボリュームだけのせいではないらしいですが、個人差大きいのでしょうか。痛みがない新たな検査技術を確立していただける日を夢見ています…

婦人科診察&検査

乳腺科の診察はいつも待つので、その前に婦人科へ。婦人科の診察はいつもの通り、子宮筋腫の経過観察のためと、ホルモン療法下での子宮への影響を見るためです。検査は大嫌いな超音波検査でした。何度やっても緊張感が拭えず、身体の緊張が取れずに痛みを感じてしまいます。リラックスして受けたいのですが、どうしてもできません。いつも先生と看護師さんにお気遣いいただいて申し訳ないです。

今回も画像を見る限りは特に問題ないとのことでした。心配事をなくすためとはいえ、いつも乳腺科と婦人科の検査の日は、ぐったりしてしまいます。

乳腺科の診察→CT検査

乳腺科の診察は待ち時間は長いのですが、診察はすぐに終わります。今回も何事もなく終了だと思っていたのですが、なぜかCT検査を受けて帰ることに。細かい検査結果は次の週に電話でお聞きします。(電話再診)

いつもなら次は夏頃にPET-CTの予約をするのですが、2021年はなんとPET-CTはやらないとのこと。そのため、急遽CT検査を受けることになりました(ちょっと記憶があやふやですが…)。コロナだし、わざわざPET-CTを受けに鴨川まで来なくても良い、とのことでしたが、正直ちょっと怖いです。コロナのせいで詳しい検査ができなくて再発などの発見が遅れたら…と思うと、ちょっと…。ですが、確かにコロナ渦中に無理することではないのかなとも思いますし、そこをなんとかPET-CT検査してください、とも言えず、次回は2021年秋に造影MRI検査とCT検査の合わせ技ということになりました。

翌週検査結果のために電話再診

おかげ様で、血液検査もCT検査も、何事もなくクリアでした。そろそろ5年目になろうとしていますが(実際は既に5年目に入っております)、ホルモン療法は5年で終えられるのか、10年続けなければいけないのか、気になるところです。正直、5年も10年も差はない感じがしているのですが、脂肪肝が気になっているので、一刻も早く薬は辞めたいです。今後主治医の先生とよく話し合うことができたら…と思います。

 

ランキングに参加しています♪
クリックしていただけると嬉しいです☆Thank you
 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんサバイバーへ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

関連記事

ホルモン療法 DAY240 / 造影MRI検査に行ってきました

ホルモン療法 DAY6 / 造影MR検査

1年ぶりのPET-CT検査 I【2019年8月】

乳腺科と婦人科に行って来ました

術後はじめての診察

乳腺科と婦人科に行って来ました【2019年6月】