ホルモン療法 DAY50

6/29からはじまったホルモン療法ですが、はじめてから50日がたちました。今のところ、毎朝忘れずに飲み続けることが出来ています。現在は他の全ての治療は終了して、ホルモン療法オンリーです。

体調の変化、副作用は…?

今のところ、恐れていた更年期障害に近いような症状、例えばホットフラッシュ等は感じていません。関節のこわばりや痛みもないです。強いて言うなら、睡眠障害/不眠があるかもしれません。夜寝ている間2-4回ほど目を覚ましてしまいます。目をさめるとお手洗いに行きたくなりますが、お手洗いから戻って横になると、またすぐに眠れるので厳密には不眠と言うほどのものでもないかもしれません。長引いている風邪の症状(咳)もだいぶ落ち着き、とても元気にしています。

周期が…?

もともと月経不順はありませんでした。27-28日位で誤差は1日程度でした。それが、1年くらい前から、周期が短くなり、25-26日位になりました。年齢のせいかとは思うのですが、子宮筋腫もありますし、原因はわかりません。ただ、短くなったものの、25-26日という周期できっちりくるので、月経不順ではないと思います。

それが、ホルモン療法でフェアストンを飲みはじめてから、今までのようにキッチリ、とはいかなくなっています。ホルモン療法開始から2回月経があったのですが、最初は29日、次は24日でした。まだ2回なのでなんとも言えないのですが、周期が安定してないのかもしれません。このまま月経不順になってしまうのでしょうか、ちょっと不安です。

PMS

以前はそこそこPMS(月経前症候群)がありました。胸がはったりイライラしたり、鎮痛薬が必要なほどではありませんでしたが、頭痛や腹痛もありました。便秘にもなります。それが、ここ2回の月経では、あまり強いPMSを感じませんでした。これは、フェアストンのせいなのか、それとも、地味に続けている(今はあまり厳しくはしてない…)食事療法のおかげなのか、理由は定かではありません。または、毎日飲んでいる人参リンゴジュースが良いのかもしれません。今後どうなるかはわかりませんが、この状態は続いてくれるといいなと思います。

薬の飲み忘れ防止

毎日必ず飲まなくてはならないので、忘れないように、今のところダブル、いえ、トリプルチェック体制(!)です。もともと忘れっぽいので、その辺りは他の皆さんよりビクビクしているかも。

1. 薬に日付を!

これは、先輩の皆さんのブログ・サイトから学びました。まず、薬をもらったら日付を油性のペンで薬一つずつに記入するのです。私は今のところわからなくならないように、月/日と記載しています。

2. カレンダーに印!

単純ですが、ダブルチェックとして部屋にあるカレンダーの日付にチェックを赤で入れます。視覚的に頭に入って、飲み忘れ防止になっている気がします。

3. アプリを活用!

さらに心配なので、最近スマホにアプリも導入しました。調べてみるとお薬の飲み忘れ防止のアプリはいくつもあります。私が使っているのは、「お薬ノート」というアプリ。シンプルな作りで、飲んでいるお薬を登録して、飲む時間にアラームを設定できます。目覚まし時計のようにスヌーズ機能もついていて便利です。飲んだらカレンダーにチェックをすることもできるので記録にもなります。

 

ホルモン療法、今のところ辛い副作用もなく、乳がんのことを忘れそうになるくらい元気にしています。本当に、元気であることはとても有り難くて幸せなことだと噛み締めています。今後も、何事もなくキッチリお薬を飲み進めていければ…と思っております。

 

ランキングに参加しています♪Thank you
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

関連記事

ホルモン療法 DAY70 不眠なのか不眠じゃないのか

ホルモン療法、始まりました

ホルモン療法 DAY20 / 放射線治療 DAY4

ホルモン療法 DAY120 / パーソナルトレーニング、はじめました

ホルモン療法 DAY10

放射線治療終了後、七週間たちました / ホルモン療法 DAY90