放射線治療 DAY17-19 全照射終了!

7/12からはじまった放射線治療でしたが、本日、台風到来が危ぶまれる中、無事に全照射(19回)を終了しました。最後の3日間は追加照射(ブースト)で、19回目の今日(8/8)は最後の診察もありました。

追加照射は3回

17回目(8/4)から、追加照射(ブースト)になります。16回目までは乳房全体に照射していたのですが、今回から3日間は前回マーキングした腫瘍付近をピンポイントで照射します(参照:「放射線治療 DAY13-16 通常照射終了!」)。

照射する装置は一緒なのですが、照射部分(放射線を出すところ)にさらに器具がつけられていて、より照射部分が患部に近づきます。位置の合わせ方も今までは縦のライン、横のラインと色々合わせるポイントがあったようですが、今回はマーキングした○に合わせるので、うまく説明できませんが、調節の仕方が違う感じです。8/4は金曜日でしたので、マーキングの○の部分だけまた上描きをされて、いよいよ照射です。

照射は今までは2方向からそれぞれ恐らく15秒ほど照射されていましたが、追加照射(ブースト)では1方向からの照射で、照射時間も長めの恐らく(体感)25-30秒ほどでした。
照射終了後は、あともう少しで終わりすねーなんて技師さんたちと和やかにお話ししてこの日も滞りなく家路につきました。

あと1日…!

18回目の8/7は月曜でしたが、あと1日ということでマーキング上描きはナシでした。始まるときに、あと1日ですねー、と言われて、つい、嬉しいけどなんだか寂しくなります…と言ってしまいました(笑)。実際、毎日お会いしていて、しかも笑顔が素敵な、お世話になった方々にお会いできなくなると思うのは、ちょっと寂しさもありました。もちろん、出来ることならもう二度とお世話になることがないほうがいいのですが…。この日もつつがなく照射終了です。

いよいよ翌日が最終日という日でしたが、台風5号が関東にもせまってくるとのことで、予約時間の変更(午前中から夕方)を打診されました。夕方に予定があったため、申し訳なかったのですが少し遅らせるだけに留めてもらいました。帰ってからは、台風の動向が気になって気になって…。無事に最終日を迎えられるのかドキドキしながらの就寝となりました

ついに、ついに、ファイナル…!

台風からの影響はなんとか逃れ、無事に最後の放射線治療に行くことができました。風が強いから運転も気をつけなきゃ…なんて思いながら向かいましたが、思いのほか良いお天気で心も晴れやかです。

クリニックには予定通り到着し、きっちり予約時間から照射してもらいました。技師さんたちに「今日で最後ですねー」なんて言われながら照射です。もちろん何事もなく終了。最後の注意として、皮膚がデリケートになっているのでマークを消そうとゴシゴシしすぎないように、とのことでした。

「長い間お疲れさまでした。お大事にー!」と笑顔で送り出されて、本当に嬉しかったです。

最後の診察@放射線クリニック

最後の照射のあとは、医師による診察です。

皮膚の状態も悪くなく、全く心配ない、と言って頂きました。もしかしたら今後もう少し皮膚が赤くなるかもしれないけれど、それは個人差があるとのこと。この赤い部分がだんだん赤黒くなっていき、日焼けのあとのような感じになるようです。この皮膚の変色は半年から1年位で消えて行くと思うけれど、これも個人差があるとのこと。人それぞれ、日焼け後からどのように皮膚が元に戻るかが違うように、この放射線治療後の皮膚の状態も個人差があることを先生は強調されていました。私は日焼けするとなかなか元の色に戻らないので、この治療の痕が元に戻るには時間がかかるかもしれません。

お風呂につかるのは2週間位してからのほうがいいとのことでした。早く陶板浴(参照:告知されてからはじめたこと <告知〜手術までvol.5>)に行きたいので、(陶板浴だと伝わりにくいので)岩盤浴にはいつから行けるか聞いてみましたが、うつ伏せで熱いところに寝るようなものはしばらくやめたほうがいいとのことでした。日焼けをしたのと同じようなデリケートな皮膚の状態の時に熱いものを長時間あてると、より低温火傷しやすいのだそうです。そして、なぜか乳がんの患者さんから同じ質問をされる、と笑っていらっしゃいました。乳がんの患者さんは岩盤浴お好きなんでしょうか…。それとも、私同様、免疫力を上げようと身体を温めたいと思っている方が多いのでしょうか。陶板浴はうつ伏せにはならないので、もしかしたらお風呂に入れるようになる時期からはじめても良いかもしれません。皮膚の状態を見つつ、陶板浴をいつ再開するかは様子を見たいと思います。

塗り薬等は特に処方されませんでした。痒くなったら冷やすとよいそうです。市販のクリームなども塗ってよいそうですが、特別に何かを塗った方が良い、というようなことも言われませんでした。これから何が放射線治療後の皮膚には良いか、リサーチです。

てっきり今後も経過観察/診察があるのかと思っていたのですが、このクリニックでは照射終了をもって全行程が終わり、もうクリニックには行かなくてよいそうです。今後の経過観察は乳腺科で診てもらうようで、主治医の先生宛の診療報告の書類を頂いて、晴れて放射線クリニックを卒業となりました。

放射線治療を終えてみて

始まる前は、副作用のこと、毎日通わなければいけないことなどに関して恐れをなしていましたが、終わってしまえばあっと言う間で、何も恐れることはありませんでした。風邪をひいたこと以外に大きな体調の崩れもなかったので、皮膚以外の副作用はなかったと言ってよいかと思われます。(未だ咳は治まっていませんが…。)皮膚の状態も、色々な方のブログを拝見して得ていた情報より、今のところ良さそうな感じです。かゆみ・ピリピリ感が少しありますが、我慢出来る程度ですし、色も激しくは変わっていません。皮膚の状態に関しては、放射線終了後も元に戻るまではリポートできたら、と思っています。

今回お世話になっていた放射線クリニックでは、先生も質問もお話のしやすくてありがたかったです。技師さんたちも看護師さんも受付の方もとってもフレンドリーで笑顔が素敵で、おかげさまで気分よく楽しく?通うことが出来て感謝の気持ちで一杯です。もちろん、このクリニックをお勧めして下さった主治医の先生にも感謝です。乳腺科での診察は、放射線治療終了してから約1ヶ月後に来るようにと言われていたので早速クリニックに電話をしたところ、予約が9/19となりました。それまでには皮膚の状態が落ち着いていればいいのですが…。

これで、残す治療はホルモン療法で毎日1錠フェアストンを飲むことだけになります。やっとここまで来たか…と感無量です。今後は、先は長いですが無事にホルモン療法を続けられたら、と祈るばかりです。

(最後にお世話になったクリニックの外観です。本日撮影。お天気にも恵まれました。)

 

ランキングに参加しています♪Thank you
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

 

 

関連記事

放射線治療終了後、13週間たちました

放射線治療 DAY5-7

放射線治療終了後、11週間たちました / 百日咳、その後3

放射線治療終了後、17週間たちました /「 薬診」でした

放射線治療 DAY2 / マーキングの様子

放射線クリニックに行って来たvol.1