センチネルリンパ節生検・術後の経過 <告知〜手術までvol.34>

2017年5月下旬に乳がんの凍結療法の手術を受けました。
告知されてから手術までを振り返っています。
前回は、「センチネルリンパ節生検で入院・3日目 <告知〜手術までvol.33>」でした。

今回は、センチネルリンパ節生検の術後の経過、主に手術が行われた翌日、退院した日からの「痛み」の推移についてです。センチネルリンパ節生検の手術の傷は右の脇の下にわずか2-3cmほどの傷です。

術後1日目(退院日)

詳しくは、「センチネルリンパ節生検で入院・3日目 」に書きましたが、深夜に痛み止めをもらって飲んだ為、手術の傷の痛みというより、ずっと仰向けで寝なくてはいけないのが辛くて、よく眠れないまま朝を迎えました。

起床時間となり起きてからは痛みを感じていたものの、我慢できそうな雰囲気だったので、朝食までは薬を飲まず我慢しました。朝食後に手術をしてくれた女医さんががっちり固定したガーゼとテープを外して傷口を確認をしてくださり、経過は良好とのことで、無事に退院となりました。痛みが徐々に強くなって来たので朝9:00頃には痛み止めの薬(ロキソニン)を飲みました(2回目)。

痛み止めを飲んでも、歩く時など体が動く振動でも傷口の痛みを感じました。痛いけれど我慢はできる程度です。バスと電車を乗り継いで一人で帰宅しましたが、キャリーバッグを引っ張るだけでも、荷物を持つのは大変でした。

この日は寝る前にも痛み止めを飲みました(3回目)。

術後2日目

とにかく、もともと腰痛持ちで仰向けに寝るのは苦手なのですが、右を向いても左を向いても傷口が痛くて、仰向けに寝るしかありませんでした。(左肩を痛めているので、そもそも左を下に眠れないのですが…。)起きたら、腰だけでなくなぜか胃の辺りの腹部にも筋肉痛に似た痛みがありました。手術中に緊張して全身に力が入っていたからか、傷のある方を庇おうとして身体に力が入ってしまているからか、といった理由からでしょうか。

起きたら傷も結構痛かったので、まず痛み止め(ロキソニン)を服用しました(4回目)。薬を飲んでも傷の付近の痛みも割と強めに感じたので、腕が傷に触らないように過ごしました。

腕も上まではあがりません。土曜日までは大人しくするようにと言われているので静かに過ごしました。夜、痛み止め(ロキソニン)を服用して(5回目)就寝。

術後3日目 5/13

この日もまだまだ傷は痛むけれど少しマシになったのと、なんとなく副作用のためか身体がむくんでいる気がしたので、朝は痛み止め(ロキソニン)を飲みませんでした。

傷が腕に触れないようにだけは注意して過ごしました。腕が緊張してしまって肩が凝ったり、背中が疲れたりしています。ゆっくりと腕をあげてみたら例の肩痛(肩関節拘縮。四十肩…とは思いたくない)のリハビリ中の左よりも腕が上がったので一安心。両肩が使い物にならなくなる可能性はなんとしてでも避けたいのです。運転はまだ怖くてできませんでした。

眠るには気になるほどの痛みがあったので、夜は痛み止め(ロキソニン)を服用して就寝しました(6回目)。

術後4日目

痛みもだいぶ落ち着いて来たので、終日痛み止め(ロキソニン)は服用しませんでした。動かしたり腕が傷に当たると痛みます。

自己流ですが、右腕・右肩のリハビリを開始。ゆっくりと腕を上まで上げたり、肩関節が固まらないように回したりとムリのない範囲で動かし始めました。もちろん傷は痛みますが、我慢できる程度です。近所に歩いてコーヒーを買いに行く位の運動もクリアしました。寝返りは相変わらずうてないので、寝不足が続いていました。

術後5日目

痛みは依然としてありますが、我慢できる程度なのでこの日も痛み止めは服用せず。

車の運転も往復20分くらいでしたができました。ただハンドルの上側に右手を乗せたり右腕に力を入れると痛むので、右手は添える程度、左手で頑張って運転しました。しばらく運転はやめておこうと決意。

それでも、だいぶ元の通りの日常生活を送れるようになってきました。

術後6日目

痛みはなかなか減りません。たとえ2-3cmの傷でも、体内の組織?(リンパ)を切除しているので、ただ切るよりもダメージが大きいのでしょうか。痛みは減りませんが、薬を飲まなくても我慢できる程度です。そもそも薬をあまり飲みたくないと思っているので、いつも出来る限り飲まないようにしています。なかなか痛みがひかないので治りが遅いのではないかと心配にもなってきました。

この日は術後はじめての左肩のリハビリに行きました。いつもはベッドに横になっての肩を動かすマッサージを行うのですが、それは事情を話してやめにしてもらい、椅子に座りながら出来る範囲のことをしてもらいました。この時点では友人にもまだ話していないのに理学療法士さんに乳がんのことを話さなくてはならなくなってちょっと複雑。聞かされた方の理学療法士さんにもちょっと心配をおかけしたかもしれないので、申し訳なかったです。

夜は久々に電車に乗って出かけて友人と会食。なかなか元の通りのペースで歩くのは難しかったので、ゆっくりゆっくりと歩きました。この日二人の友人に会いましたが、その内の一人が私の様子がどうもおかしいと思ったようで、どうしたのか聞かれてしまったので、初めて友人にがんのことを話す、という日になりましたが、長くなるので、この話はまた別の機会に。

ちょっと多めの荷物を持って出歩いたので、いつもより少し痛みが増した気がしましたが、薬を飲むまでもなく就寝。

まとめ

正直、術後は予想以上に痛みがありました。私はビビリの上に人よりも痛みに弱いと思うので、余計痛みを感じたかもしれません。

痛みに弱いわりに薬に頼りたくはないので、痛み止めは結局6回(3日間)のみの服用となりました。もっと飲み続けていれば痛みを感じることは少なかったのかもしれません。

術後7日目、抜糸の為に都内のクリニックに行き、センチネルリンパ節生検の結果を聞くことになっていました。この結果によって凍結療法ができるかできないか決まっているので、手術が終わってからは痛みと結果のことを気にする日々となりました。

 

ランキングに参加しています♪
クリックしていただけると嬉しいです☆Thank you

  にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

関連記事

センチネルリンパ節生検で入院・2日目 ③ <告知〜手術までvol.32>

造影MRI検査とCT検査 <告知〜手術までvol.6>

PET-CT検査 I <告知〜手術までvol.23>

家族に告知 I <告知〜手術までvol.4>

子宮がん検診に行ってきました <告知〜手術までvol.20>

ふたたび造影MRI検査 & 受診 <告知〜手術までvol.16>