1年ちょっとぶりのPET-CT検査+MRI検査 I【2020年9月】

こんにちは、Falkorです。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今回は、9月中旬にあった約1年ぶりの鴨川でのPET-CT検査および診察についてと、珍しく?同日に受けた造影MRI検査についてです。

前泊か後泊か…

去年、一昨年とPET検査と診察だけだったので、なんとか鴨川へ日帰りで行くことができました。ですが、今回はPETの前に造影MRI検査が加わり、日帰りがなかなか難しい予定となってしまいました。頑張ってバスで行くことも可能でしたが、早朝出発深夜帰宅という想像するだけで疲れるスケジュールになりそうです。コロナのこともあり、できれば長時間の公共の乗り物を使いたくないこともあって、前日に車で行き、前泊することにしました。

ちょうどGotoキャンペーンのため、なかなかリーズナブルな宿を見つけることができましたが、さらに色々見ていると「鴨川シーワールド」ホテルが一人でもリーズナブルに泊まれるプランを発見。毎回PET検査の日は帰りも遅くなりギリギリ終バスで帰っていて、こちらも大変疲れるので、今回は思い切ってGotoキャンペーンに乗っかり、検査終わりで一人鴨川シーワールドホテルに宿泊するプランを立てました。

1日目:病院近くまでドライブ

この日の宿泊はシーワルドではなく別のホテルです。当日のチェックインは17:00位を想定していてホテルにもその予定を伝えていたのですが、この日まさかの偏頭痛発作がやって来てしまいました。というのも、午前中、別の病院に行く予定があったのですが、時間がかかった上に冷房がキツくて、病院の待ち時間で頭が痛くなり始めてしまったのです。

お昼過ぎに家に帰って、昼食をとって出発すれば17:00にホテル着は余裕だな、と思っていたのですが、帰宅後頭痛が激しさを増し、これはマズイと(なるべく避けてる)鎮痛剤を服用して少し休む羽目に…。

薬を飲んで1時間ほど横になっていたら、どうにか頭痛も落ち着き体調が戻って来たので、車で一人で行くのがちょっと不安になりましたが、なんとか気持ちを奮い立たせてようやく出発しました。

体調が万全でないので、途中サービスエリアなどで休みながら行ったので到着は19:00くらいになってしまいましたが、なんとか無事に到着しました。

検査当日は当日5時間前から飲食禁止(水とお茶はOK)なので、朝食をとる為に早起きは難しいと思い、素泊まりで宿泊しました。ホテルに到着までにホテル近くのスーパーで夕食は買い込んでホテルで。ホテルのお部屋はとってもリーズナブルで、お部屋はお任せプラン、というものでしたが、最近キレイにリノベーションしたお部屋にしてくださって、とても快適に過ごすことができました。

2日目:検査&診察

当日は10:30集合でした。早めに行ったつもりが、この時間帯は駐車場が大混雑で、入るのに難儀しました。PETセンターの前にも平置き駐車場があるのですがそちらも満車。空いているところに勝手に止めて受付に行くと、別の空いているところに止めて欲しいと親切に誘導してくださいました。実は最初にPETセンターじゃないところに行ってMRI検査を受けることになっていたのですが(予約の際説明を受けてるはずなのですが、全く記憶ナシw)間違えて最初にPETセンターに行ってしまいました。にも関わらず、受付の方にとっても親切にして頂きありがたかったです。

造影MRI検査

車を置いてから、まずは診察を受ける本院(?)で受付をして、造影MRI検査へ。今回、MRIとPETで別々に注射されるのかとビクビクしていたのですが、最初に一箇所血管確保のラインをとって針を刺したままにして両方の検査で使用するということがわかり、ホッとしました。

さらにラインをとったまま(針を刺したまま)着替えをするのは危ないということで、自分の服は持って検査着を着たまま移動するということでした。なので、最初に着替えるところで、立派な紙袋を頂き、自分の服はそちらへしまいます。

その後の手順は通常の造影MRI検査と一緒です。

まず前室で腕に造影剤を注入されるためのラインを左腕にとります。今回の看護師さん、なんだか明るくて親しみやすく、さらに丁寧で上手で、今回も針を刺されるのが一度で済み、ありがたかったです。一応特に先生には言われてないけど、右側を手術したので左側の方がいいですか?とお聞きしたところ、そのほうがいいですねー、と明るくお返事してくださいました。その後、少しだけ待って、撮影する部屋へ移動します。

ここからはいつも通りなので今回も詳細は割愛しますが、ヘッドフォンをつけてうつ伏せに寝て、ひたすら動かないようにじっとしています(参照:ホルモン療法 DAY240 / 造影MRI検査に行ってきました)。最近、検査にだいぶ慣れてきたのか時間が早く感じられるようになってきましたが、おそらく30分程度だったかと思います。

検査終了後、いつもと違う点は、検査前にラインをそのままにする点です。てっきり何も処置せずに動けるのかと思っていたのですが、それは繋がっていた造影剤を注入していた注射器的なものを取るなどの処置をしてもらい、さらに繋がっている針と管が邪魔にならないようにサポーターのようなもので巻いて保護してくれました。正直、ここまでしてもらったら着替えられるなーと思ったのですが、それはやはり腕に針がささっている訳ですし、そのままの状態で慎重に動いていきました。

PETセンターへ移動!

PETセンターへの移動は歩いて行くのですが、ちゃんと看護師さんがアテンドしてくださいました。しかも私のノートPC入りの重たいリュックと服が入った紙袋を持ってくださって、至れり尽くせりです。なんだか申し訳なかったのですが、針が刺さった左腕は使えなかったので、とても助かりました。アテンドしてくださった看護師さんが検査室から裏道的なところを通って、PETセンターまで送ってくださいました。

PETセンターでは受付の方にお気遣い頂き、荷物をロッカーまで運んで頂きました。検査は4回目ということもあってか、受付の方からさらっと流れだけ説明を受けつつ、ロッカーの鍵・検査区域に入るカードキーを受け取りました。

いつものようにロッカーには使い捨てのスリッパが用意されていて、それに履き替えます。今回は着替えはないのでお手洗いだけ済ませて、検査エリアへ向かいます。

1年ちょっとぶりのPET-CT検査+MRI検査 II>に続きます。

 

ランキングに参加しています♪
クリックしていただけると嬉しいです☆Thank you
 にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんサバイバーへ にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(現在進行形)へ

関連記事

1年4ヶ月ぶりのPET-CT検査 I

ふたたび造影MRI検査 & 受診 <告知〜手術までvol.16>

1年ぶりのPET-CT検査 I【2019年8月】

ホルモン療法 DAY6 / 造影MR検査

3週間ぶりの診察 & 血液検査

1年ぶりのPET-CT検査 II【2019年8月】